脱毛って痛いの?脱毛をする時には冷却しながら行うので安心です

輪ゴムで弾かれたような痛み

医療レーザー脱毛や脱毛サロンで行われている脱毛施術は、輪ゴムで弾かれたような痛みがあると言います。痛みが起きる原因と言うのは、熱エネルギーに変換して発毛組織の機能を破壊する、もしくは機能を弱めるからなのです。痛みが生じるのは皮膚の奥の方であり、皮膚の表面ではありません。しかし、熱エネルギーによる発毛組織への攻撃は輪ゴムで弾かれたように感じる人が多いようです。但し、痛みを抑えるために冷却を行うので激痛、我慢出来ない痛みと言う事ではないのです。

痛みは脱毛器の種類により異なります

レーザー脱毛器と言うのは幾つかの種類がありますし、脱毛サロンで利用するフラッシュ脱毛の場合も、IPL脱毛器やS.S.C.脱毛器と言った具合に、幾つかの種類があるのが特徴です。脱毛器の違いは光の種類による違いであり、種類が異なると痛みが小さく感じるものもあります。脱毛サロンで利用しているIPL脱毛器やS.S.C.脱毛器は比較的痛みが少ないと言った評判を持つ脱毛器で、痛みに不安を感じる人の中には、こうした脱毛器を使う脱毛サロンを利用する女性も多いのです。

毛量が多い時と少ない時では痛みも変わりますよ

脱毛時の痛みが起きる原因はメラニンに吸収された光エネルギーが熱エネルギーに変換されるためであり、ムダ毛の量が多い脱毛初期には輪ゴムで弾かれたような痛みが起こります。しかし、脱毛は毛周期に合わせて繰り返し施術を受ける、施術を繰り返すと毛量が減るため、痛みも初回よりも2回目の方が弱くなりますし、3回目よりも4回目の方が弱くなるなど脱毛を繰り返すほど痛みの度合いは減ります。これはムダ毛の量が減っている、脱毛効果を得ていると言う証でもあるのです。

脱毛効果の期待できる施術は、お洒落にこだわりのある女性を中心に話題となることがありますが、何よりも安全性を重視しましょう。